漢方薬を選ぶのも1つ

マーベロンを服用することで生理で起こる腰痛や肩こりなどを和らげてくれます。

しかし、マーベロンの低用量ピルは効果があれば副作用が起こる可能性もあり、血栓などの影響もあります。

そのために漢方で生理を和らげる方法もあります。

漢方には植物や鉱物等の薬校正分である生薬が複数配合されています。その複合制な作用で、一剤でも様々な症状に効くのが特徴。

漢方の気は生命活動のエネルギーで血や水を巡らせる動力、血は体に栄養を与える、水はリンパ液など血液以外の体液や尿、これらが濁ったり不足したりすると前身んおめぐりが悪くなり、不調を引き起こすために、体の調節を行います。

全身の血液や水分などのめぐりを良くして、バランスを整えることで不調を改善します。

副作用がまったくないわけではありませんが、低用量ピルや鎮痛剤と比較して少なく、他の薬との併用禁忌もありません。

効果が緩やかで、急な発汗やほてりには効きが弱い。

ただし、使えない人はいないというメリットが有り、いつ始めても良い、複数の制約により多様な症状に効き目が現れます。

漢方についてドラックストアーで販売されていますが、保険適用などを考えると、病院や漢方専門店での購入がおすすめです。

ただし、漢方薬を服用にも、一番取り招きたい症状が何かによって大きく変わりますし、何をどのようにしたらいいのかを考えることが重要です。

発汗やほてりであれば漢方よりもホルモン補充療法を処方し、2~3週間ほど様子を見る。

この1ヶ月以内で効き目がアレば、ホルモン補充療法でよろしいかと思いますが、それでも効き目がない場合に漢方薬を選ぶという選択になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加