更年期の場合はホルモン補充療法も一つの手段

マーベロンは女性が利用する低用量ピルですが、更年期になると生理不調や不調などが影響するために、低用量よりもホルモン補充療法が効き目が高いかもしれません。

ホルモン補充療法なので、ホルモンを体内に増やすということになります。

行うことで、症状の緩和だけでなく、将来の健康サポート効果や美容面でのメリットもあるわけです。

更年期症状で最もよく知られている症状が急な発汗やほてりです。
しかしながら、ホルモンを増やすことで、エストロゲンの急減が血管運動を司る自律神経の活動を不安定にするために起こる急な発汗やほてりにはHRTの方が漢方よりも遡行性が期待できるとも言われています。

ホルモン補充療法は急変した女性ホルモンを少量補う治療なので、こうした症状緩和に強みを発揮してくれます。

ホルモン治療というマイナスなイメージを持つ人もいるようですが、補充する量は20~30代に分泌されていた量に比べてほんの僅かなので、副作用は少ないということです。

逆に低用量ピルを利用することで、副作用が多く、血栓が起こる可能性があるために注意しなくてはいけませんね。

ただし、ホルモン補充療法でも、急な発汗やほてりがあったり、骨や血管、不正出血、乳首のハリやオリモノなどが起こるケースもあります。

ホルモン補充療法は、病院や産婦人科などで処方され、保険適用されています。

月に2000円程度で、飲み薬や貼り薬、塗るグ知りなどの色々なタイプがあります。

ただし、全ての更年期の方がホルモン補充療法を利用できるわけではないために、気になる方は病院に外来を行い、相談をしてみるのも一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加