子宮内膜症とマーベロン

女性の悩みである生理痛を和らげてくれるのがマーベロンですが、そもそもなぜ痛みなどが起こってしまうのでしょうか?

女性ホルモンのコントロールで悪化を防ぐ薬物治療もそうですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

強い生理痛がある子宮内膜症や生理の経血料が多くなる子宮筋、、、

これらは女性ホルモンのエストロゲンの働きで悪化しやすい病気でもあります。

そのため、ホルモン剤や低用量ピルのマーベロンが一つの選択肢になります。

男性にはわからない女性の辛い悩みである生理的な部分は「エストロゲン、プロゲステロン」などの2つの女性ホルモンの働きでコントロールされています。

女性ホルモンは10代なら、そこまで変動がありませんが、20代、30代とバランスが崩れやすく、ここから更年期に入るとエストロゲンの分泌量がどっと減っていきやすくなります。

そうすると、更年期症状の引き金となるために、エストロゲンが大切なのがエストロゲンが関係することで、子宮内膜症が起こります。

そのために、エストロゲンをコントロールするためのち療法としてピルなどが利用されます。
エストロゲンとはそもそも発情するもとという意味であり、子宮の内側の膜、子宮内膜を厚く増殖させる、そして、妊娠を支えるという意味を持ち、プロゲステロンがその状態を維持し、子宮を妊娠できる状態にエスコートします。
子宮内膜症は本来子宮にあるべき子宮内膜に似た組織が子宮以外にも出来る病気で、エストロゲンが増えると、子宮外にできた子宮内膜症組織も増殖してしまうために、生理痛や嘔吐など様々な症状が起こってしまいます。

そのため、悪化を防ぐために、少量のエストロゲンとプロゲステロンのホルモンが含まれているマーベロンなどの低用量ピルを服用することで和らげることにつながります。

ただし心がけなくてはいけないのが、マーベロンを1錠服用すれば、子宮内膜症が改善する、又は和らぐわけではありません。

毎日のように、服用することで、ホルモンを一定に保つくことが出来るために、生理痛や嘔吐、それから妊娠を防ぐことにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加