私はマーベロン通販で購入「低用量ピルが生理痛を和らげる」

生理の悩みを解消してくれるマーベロン
敏感に感じるようになったのが思春期。生理の時に「月経痛や頭痛、腹痛、腰痛」などがひどかった・・・。月ごとに症状は異なるのですが、ひどい時は仕事を休むほど、、、

男には理解できない「女子の悩み」
女子の間で、なかなか恥ずかしくて相談できないことってありますよねぇ?

そんな中でも多いのが「生理」について。
男性にはとうてぃ理解できない悩み。。。

女子の中で生理について、悩んでいない人はイナイはず。

私なんか、生理前の2~3日はイライラするし、
生理痛の時なんかナンもしたくない、仕事行きたくない、、
肩も首もコリコリだし、、、
頭を縄でギュウギュウに締めれてるような苦しみ、、、。

しかし、しかし、この私の苦しきナヤミを解消してくれたのが低用量ピルの「マーベロン」。

最初は、生理痛のつらい悩みがあったので、婦人科に行って検査などをして、担当の先生から処方してもらっていた。
毎日決まった時間に一錠づつ服用する。これがまた驚く程の効果で、今までの痛みをやわらげてくれるの◎薬ってこんなにも効果的なんですね~。

でもでも、効果がある分、お値段の方が他界です・・・生理痛による低用量ピルの処方は保険適用外なので、どうしても薬価格は高くなり。

通院する病院により微妙に違うと思いますが、私は1ヶ月でマーベロンを約5000円ほど支払っていた。

これに「受診代、通院代」などをプラスすると・・・くぅ~、計算するのがイヤになっちゃう~。

そこで私が利用しているのがインターネットの通販でマーベロンを購入することです。

マーベロン21詳細・購入について
マーベロン28詳細・購入について

どうしても私の場合は、病院までが遠方で1ヶ月に1回通うのが大変でした。
しかも金銭的な部分が意外に大きいです。

最初は産婦人科のクリニックで処方してもらっていました。
が、マーベロンなどのピルは、現在のところ自由診療のため、健康保険が適用されていません・・・。

そこまで”高いピル”と言うわけではありませんが、私が最初の頃に通院した所では1ヵ月分で約3,500円でした。

あくまでもマーベロンの1ヵ月分が3,500円で、その他に診察料が取られたり、病院に行くまでの通院費がかかっていました。

合計で5,000~6,000円ほどなんですが、月経や避妊のことを考えると安いコストなのかもしれませんが、毎月のことを考えると・・・。

そこで、インターネットで調べているときに見つけたのが、マーベロンを個人輸入にて購入することです。

個人輸入の販売店によりマーベロンの価格は異なりますが、一番安い所で1ヶ月分(1シート)を約1,000円で購入することができます。

しかも、1ヵ月分で1000円なんですが、3ヵ月分◎円、6ヵ月分◎円とかなり価格を安くして購入することができます。

正直、最初は抵抗があったんですが、「ピルを海外から購入」することに・・・
でも調べてみると、マーベロンを製造している会社は、国内と海外が違うだけで、基本的には同じだそうです。
私のように、マーベロンを服用し効果を感じている人なら、
価格の安さを考えて個人輸入を利用するのも一つの手段だと思います。

マーベロン21詳細・購入について
マーベロン28詳細・購入について

ピルで解決

そんな悩みを解決するために最近使っているんがこちら↓

コヤツはピルであるマーベロン(低用量型のピル)。
もしかしたら、聞いたことある人いるかも。

わが日本では、このマーベロンとトリキュラーのピルがメジャー。
どちらも効き目は同じくらいだそう。

でも、トリキュラーは三相性で、成分の容量が微妙に違いでて、飲み忘れをするとどうしても効き目が薄くなるんだって、それに対してマーベちゃんは一相性で一律の成分。飲み忘れても、2~3日飲み忘れても効果は変わらないんだってさ。

安心のために検査を

私がマーベロンを服用する理由としては、生理痛の悩みを防ぐため、それから妊娠トラブルにならないためにも利用しています。

しかし、マーベロンを服用する前に、注意点をしっかりと理解してから使うことが望ましくなります。

例えば、乳がんや子宮ガンは卵胞ホルモンによって悪化する恐れがあるので、卵胞ホルモンとして作用するマーベロンの服用は注意が必要となります。

それから、異常な性器出血がある場合はさまざまな症状の可能性を排除するためにも処方される前に、病院や産婦人科にて一度検査を受けてみることが重要になります。

本人や家族が乳がんになったことがある人は、こまめに検査をを受けること、それから、血栓を作りやすいので、血栓性静脈や肺血栓に関わっている人、あとは一日に一定量以上のタバコを吸う人は要注意です。

マーベロンのピル自体は有効成分を必要最小量にして効果を発揮するのですが、服用する前に他の症状をお持ちの方が服用することで副作用として、悪化する恐れがあるために、まずは、事前に病院などで、相談をすることで、安心してマーベロンを利用できると思います。

マーベロン生理痛を和らげる

プロスタグランディンの量が痛みに関係してくる
生理はこの先20~30年以上も続きますから、うまく整理と付き合っていくことが大切になると思います。

どうして生理痛が起こるかと言うと、子宮内膜に分泌される「プロスタグランディン」が関係してきます。
簡単に言うと、プロスタグランディンの量が多くなることで生理痛や出血の要因になります。

プロスタグランディンの役割としては、子宮を収縮させて、生理経の血液を体外へ排出する作用があります。生理の時に下腹部が痛くなるのは、この子宮の収縮によるもので、プロスタグランディンの量が多いことで、子宮の収縮が強くなるとされています。

でも、この生理の流れというのは人間として、女性としては当たり前のこと。
一言でいえば「仕方がない」と言う感じ・・・。

しかし、どうしても痛みがヒドイ時に対処法を利用します。

生理痛を抑えるために鎮痛剤を服用する人もいます。
薬を飲むことで、脳内を麻痺させることで、痛みを緩和させる効果になります。

毎月2日間くらい決まった量の鎮痛剤を飲むことで、痛いのを我慢することができます。

しかし、鎮痛剤にも副作用が多く、たとえば毎月2日間、1ヶ月に15錠しか服用できないのは、胃に対する負担が大きいからです。胃の粘膜などのトラブルや胃潰瘍、胃癌などにもつながる恐れがあります。

そこで、現在利用しているのが低用量ピルのマーベロンになります。
毎日のように服用することで、プロスタグランディンを抑制するために、徐々に量が少なくなるために、子宮の収縮を防いでくるわけです。

マーベロンと避妊

妊娠の予防に
まず避妊についていくつかの方法があります。
「コンドーム、緊急避妊ピル、低用量ピル」

コンドーム

コンドームは正しく使っても妊娠してしまう可能性はあるために、あくまでもコンドームは妊娠予防と言うよりも性感染症予防に溜めに使いたい所でスン。

緊急避妊

それからもう一つが緊急避妊ピルです。

無防備なセックスやコンドームの破損、レイプなどで臨まない妊娠をするリスクがあるとき、妊娠を防ぐ目的として利用されています。

性行為をしてから72時間以内なら、緊急避妊ピルと言う方法で臨まない妊娠を避けることができます。

でも、緊急避妊ピルが利用できるのなら、そこまで焦ることはないのでは?
常に緊急避妊ピルを準備しておき、コンドームなどを使わずに性行為をする。

・・・しかし、緊急避妊ピルの役割としては、子宮内膜をはがし、受精や受精卵の着手を邪魔する避妊方法です。

一か所だけを見ると、避妊のトラブルに効果があるように見えますが、かなり強引な方法なので、貧血を起こしたり、生理周期が乱れやすく、ホルモンの調子が悪くなるといわれています。

低用量ピル

やはり、一番安全で確実に避妊をするなら「低用量ピル」になります。

私はマーベロンを服用していますが、避妊の役割としては、卵巣を休暇状態にして、排卵を止めてくれます。
マーベロンを毎日、決まった時間に服用することで100%の確率で妊娠を防いで、副作用も少ないです。

欧米では、女性の4割以上が避妊のためにピルを服用しているそうです。

マーベロンで痛みを解消

毎日服用することで解消してくれるマーベロン
月経の前後の時は本当にひどかった、、、「困難」というのは本当にこのようなことを言うのかというくらいのつらさでしたね、、、月経時に出血量も多かったのですが、痛みがハンパじゃなかったの、、、

私はデスクワークの仕事だったのですが、月経痛のヤバイときは椅子に座るだけでも痛みがひどかった・・・座ると違和感がありまくりで激痛の嵐・・・これが一週間も続くと・・・この悩みのつながりで「小便、大便、オナラ」これもツライ・・・。月経は本当にツラかったです。

これが3年ほどつ続いていたのですが、低用量のピルが副作用も少なく効果が高いということで婦人科にて検査を受けて、実際に服用を始めたのがマーベロン。1シーズン目の1ヶ月で21錠で、残りの一週間はニセ薬をを服用するのですが、これがまた効果的!!

担当の先生は「一般的には3シーズン目(3ヶ月目)から効果がしだいに出てくる」と説明していたのですが、私は1シーズン目からバッチリ◎。月経前後の苦しい痛みはほとんどなく、現在2年目位に入るのですが、「月経はいつだったっけ?」っというくらい痛みも悩みもないです◎

マーベロンの副作用「太る?」

私たち女性の苦しい悩み「月経痛」を解消してくれるマーベロンですが、最初は抵抗ありました。いまとしては痛みもほとんどないので、「アリガタイお薬」なんですが、どうしても薬を服用するために、起こるのが副作用。そして、マーベロンなどのピルにてついてくる副作用が「太る」。これは私たちにとっては大きな”デメリット”。

あくまでもマーベロンなどのピルによる副作用は全員に起こるわけではありません、個人差によるとのことですが、実際に服用している私は・・・・起こりました、太りました・・・。

そもそも、マーベロンを服用してナゼ太るのか?

太る?むくみ

理由としては、マーベロンなどのピルには「水分を体に取り込みやすく排出しずらくする」。そのために、体内に水分が蓄積するために「むくみ」が起こってしまうのです。特に私のように、デスクワークの仕事をしている人は、「ムチャむくみ」起こりやすいんですね・・・。

朝はいいけど、昼から夕方にかけて、ムクムク状態の脚のフクラハギ、、、。

タダですね、このむくみの症状も最初の一ヵ月で、それ以降は起こりません。体重も1~2kgほど最初は増えていたんですが、むくみが解消されたときに、体重も元に戻りましたね。

そのために、マーベロンの副作用「太る、むくみ」も最初に「多少起こる」かもしれませんが、継続して長引くわけではないのですが、さほど心配することではないかとは思う。

マーベロンの避妊効果

私がマーベロンを毎日(21日服用、7日偽薬)をしているのですが、この理由は月経痛をやわらげるため。これにつきますが、もともとマーベロンなどの低用量ピルは「避妊のための薬」ですよね。ようするに、効果としては女性ホルモンを整える。一定にすることなんですが、結局は「月経をやわらげる、避妊予防」にもつながる。

つまり、私のように月経の悩みを解消している人は、一石二鳥で避妊も防止できる◎。確かにコンドームでも避妊予防の効果あるのですが、調べたら以外にも「80%しか予防」出来ないそうです。そうしても、もう一つ意外だったのが20代の人の結婚の理由の7割以上が「出来ちゃった結婚」。コンドームの予防率が低いからでしょうかね?

それに比べて、低用量ピルの避妊予防率どれくらいだと思いますか?・・・実は99%だって!!てか、100%でしょ!!すごいなぁ~。そういったことから、ヨーロッパのオランダ、イギリス、それからアメリカではピルを病院で無料、保険対象として処方してるんだって。いいよね~。日本なんか保険対象にも入っていない、、、せこいぞ!!

そのために私はインターネットを利用して個人輸入してるんですが。まぁ、何はともあれ、月経や避妊を予防するにはマーベロンなどの低用量ピルを毎日服用することは、私達にとってはすごくありがたいことですね◎

マーベロンの飲み忘れ

風邪薬とか、サプリとか、そこまで”デリケート”ではないために、服用する「時間」は意識しなくていいと思いますが、低用量ピルは「一日一回一錠を決まった時間に服用」これが基本。

でもでも、だれだって忘れたりすることありますよね?私も何度か忘れたことある。そんな時はどうするのか?もしてっきりとわすれたとき、24時間以内ならば、追いかけて服用すればO.Kなんですね。そして、その日の服用はしっかりと決まった時間い行うこと。つまり1日に2錠になりますが、構わないとのこと。

一番悪いのが3日以上。こうなると、月経がはじまってしまい、スケジュールも錠剤も意味がなくなってしまう。ゲームおーばです。追いかけて飲んでも意味がなくなる。

月経が終わった後に、また最初からのやり直しになってしまいます。

私もできるだけ忘れないように、マイに欠かさず行うところにマーベロンを置いている。朝起きたら必ず洗顔をするためにマーベロンを置いているのですが、忘れずに服用することができる。ちなみにマーベロンは空腹でも服用可能なので、朝起きたら一番に行っておりますね。

マーベロン21詳細・購入について
マーベロン28詳細・購入について

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加